■会社について

企業理念・ミッションはどのようなものでしょうか?

Learn the past, observe the present, create the future.
歴史や経験を共有し、現実を見つめ、次の時代を形作る価値を考え、実際に創り出してゆくこと——。
それはオーバスネイチメディカルの企業理念であるだけではなく、企業姿勢そのものを表しています。

当社の社員はみな、製品・サービスはもちろん、社内コミュニケーションや業務のシステムにおいても、常に何らかの新しい価値を創造することを期待されていると自覚しています。自分たちが精魂込めて作り上げた価値によって社会に貢献すること。それがオーバスネイチメディカル社員のビジネス流儀であり、誇りと喜びであるといえます。

10年以上にわたり会社が成長を続けている理由は?

主な理由は3つあると思います。1.製品開発力、2.営業力、3.高効率なオペレーション

平均年齢は?

創業以来、ずっと30歳代前半だと思います。

社員数は?

アルバイトも含めると100名程度です。

会社はどのような雰囲気ですか?

普段は営業職が外回りをしていて会社にいないため静かですが、営業会議などで人が集まるとだいぶ賑やかな感じに変わります。
営業会議も、全般的に柔和な感じの人が多いので、誰かが声を荒げたり、激論になったりすることはまずありません。

香港に本社がある理由は?

オーナーのチェン会長が香港在住だからです。持株会社のネイチ・ホールディングスも香港にあります。

取り扱う製品はカテーテルだけですか?

カテーテル類だけです。特化してその分野で競争力を高めること。今の時期はそれが大切だと思っています。

今後カテーテル以外の製品を扱いますか?

あまり手を広げるわけではないですが、ラインアップの補完的な意味では扱います。ただし、当社はあくまでもバルーンとステント。
虚血性心疾患の新たな有効な治療法が見つからない限り、それは変わりません。
2014年2月より、従来の免疫抑制剤シロリムスに加え、血管内皮形成を促すCD34抗体を世界で初めて塗布したデュアル・セラピー・ステント「COMBO」の日米同一プロトコルによる治験を先行して日本で開始しました。
ステント全面に塗布されたCD34抗体が、抗原抗体反応により血液中を流れる分化前のEPCを捕まえることで血管壁の修復を早め、自然治癒反応を促すしくみ。昨今注目を集めている再生医療の技術を利用した先端的な試みです。
ステント留置後の副作用低減を図るとともに、将来的には抗血小板薬の早期服用中止も視野に入れ、患者様のQOL(生活の質)向上を目指します。
2014年中に治験者登録を完了し、2017年ごろに上市を予定しています。

■研修について

新入社員研修では何を学びますか?

仕事先は病院、つまりお客様のお勤め先です。社会人としての基本的なビジネスマナー・ITスキルはもちろん、病院にお邪魔して失礼にならないくらいの医学的な知識をしっかりと学んでいただきます。
研修内容について詳しくは、こちらのページ をご覧ください。

OJTはありますか?

シャドウOJT(営業同行)、配属予定先でのOJTと、合わせて約15週間あります。
研修内容について詳しくは、こちらのページ をご覧ください。

■営業活動について

営業職に求めるものは?

お客様本意で熱意があって、同僚を大切にする人です。つまり人間同士のお付き合いを大切にできる方です。

営業職に必要なスキルは?

コミュニケーション能力、フットワーク、そしてホスピタリティです。

1チーム何名程度で仕事をするのでしょうか?

これもエリアによりますが、多いところでも6人くらいで、小さいところだと部下1名、マネージャー1名だったりします。
基本的には1人のマネージャーには部下4名までが適当と考えています。
それを超えるところは、SVが部下1人を受け持ったりしてマネージャーをサポートしています。

担当施設は1人あたりどのくらいでしょうか?

平均すれば20施設くらいあると思います。

マネージャーはどのような方が多いですか?

当然ですが、医療機器営業の経験が長いので、経験・知識ともに頼りになる人が多いと思います。
エリアによって運営スタイルはだいぶ異なりますが、仲間や部下の面倒見が悪い人は一人もいないと思っています。

新規の飛び込み営業はありますか?

ありません。必ず紹介を受け、アポイントメントを取ってからの訪問となります。

先生にアポイントメントを取ってから訪問するのでしょうか?

基本的にはそうですが、先生からご信頼をいただくようになり、定期訪問が多くなれば毎回アポイントを取ることなく、臨機応変に対処しています。

代理店とは何ですか?

病院の窓口となって、製品の管理をしている会社です。代金の支払いと、製品の運搬は代理店が行ってくれます。

製品を運ぶことはありますか?

緊急の場合などはありますが、基本的には取引のある代理店が対応します。

医師以外どのような病院関係者と仕事をしますか?

一番多いのは医師、それも実際に手術をするドクターとなりますが、それ以外にも、部門のトップの先生であったり、病院の材料管理の責任者の方であったり、技師さんや看護師さんなど、現場でお世話になる方々に接する機会があります。

ノルマはありますか?

ノルマはありませんが、毎月セールスプランは作成しています。

チーム内の情報交換は頻繁ですか?

エリアによって温度差があるかもしれませんが、全般的には頻繁だと思います。

社内の情報交換の方法は?

営業会議やエリアミーティング、エリア単位のことは基本的にマネージャー次第になります。全国的にはWebベースの情報共有システムを活用する場合が多いようです。

英語はなぜ必要なのですか?営業は英語が話せなければ勤まりませんか?

日本以外、グループ会社のすべてが英語を公用語としているので、なるべく英語を使用した方が効率が良いためです。
また、営業社員といえども、海外出張などの機会があるため、英語力があったほうが格段に仕事の幅が広がるためです。
入社時に英語が話せなくても、仕事をしながら勉強すれば問題ありませんが、将来的にマネージャー職などを目指すのであれば、英語は必須と考える必要があります。

最新の情報はどこから入手すればいいのですか?

配布されているものもありますし、自分で入手しなければならないものもあると思います。
確実に入手できるのは、会社の情報共有システム。ここで検索すればあらゆる情報がかなり詳細に記録されていると思います。
社員は1人1台パソコンを支給されますのでインターネットの繋がる環境にいれば情報はいつでもどこでも入手することが可能です。

どのようなステップアップの道がありますか?

まずはセールススーパーバイザーのポジションを目指してほしいと思います。
入社3年以降の社員で、営業実績やそのプロセスが評価されるとマネージャーから推薦されます。
会社は順調に成長をしていますから営業部のマネージャーのポジションももっと多くなると思います。

■社内制度・福利厚生について

家賃補助は?

転勤者の場合は転勤規定によって、それ以外の社員は一律2万円/月の支給になります。

営業手当は?

年俸制なので営業手当はありません。
出張が発生した場合にかぎり出張手当が発生しますが、非常にシンプルでどこの医療機器メーカーでも採用しているような平均的な金額です。

社会保障は?

一般的なものは完備しています。医療業界の会社ですから心配しないでください。

福利厚生は?

一般的なものは備えています。特筆すべき点としては、本人と配偶者の健康診断は会社負担で行っています。

営業車はありますか?

用意していません。車両が必要な場合、原則的に自家用車を業務利用に供していただいています。車両費として一律月5万円補助があります。

年俸と年収の違いは?

年俸は年収のうちの最低保証額のことです。手当や一時報酬など、固定していないもの、変更の予定があるものは入りません。
年収は、その年に実際に支払われた総額ですから、各種手当、インセンティブ、すべての収入が含まれるものとなります。
当然、年俸よりは額が増えます。弊社では原則年俸ベースで話し合いをさせてもらっています。これは確定していないものに関してお話しすることを避けるためです。
ですから、入社して実際に1年間で受け取る金額は必ず契約時の年俸を上回ります。

有給休暇はありますか?

あります。入社年から段階的に増え、最高20日間となります。1年間の繰り越しが可能です。

残業はありますか?

あまりないと思いますが、お客様の都合によっては発生します。

PAGE TOP